ホ-ムホーム > 公共工事の発注者の方へ > 発注者支援データベース・システムとは

発注者支援データベース・システムとは

発注者支援データベース・システムとは

良質な社会資本の整備を効率的に推進するために、
発注者には
 1.資格・経験に裏打ちされた技術者による現場管理と
 2.それを支える技術と経営に優れた建設会社による施工体制を
 3.わかりやすく競争性の高い入札・契約手続きで実現する
必要があります。

具体的には
 1.技術者の資格・経験の確認
 2.会社の施工能力(施工実績や資格)確認
 3.施工体制の確認(技術者の専任制)
 4.競争性・透明性・客観性のある入札・契約手続きの実施
が求められています

そのためには、建設会社や技術者に関する情報の活用が便利です。
発注者支援データベース・システムは、公共工事の入札・契約・施工の各段階で、発注者に必要な「建設会社に関する情報」「技術者に関する情報」「工事に関する情報」を一体的に提供する公共工事発注者の皆さまのためのシステムです。

本システムをご利用いただける公共工事発注者

※発注者支援データベース・システムは、国、地方公共団体、その他政令で定める法人及び「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律第2条第1項」に定める特殊法人等に限り、ご利用いただけます。

ページトップへ