ホ-ムホーム > 監理技術者になる方へ > 申請手続き > 追加申請(一級国家資格等)

追加申請(一級国家資格等)

追加申請(一級国家資格等)とは

有効期限が残存している資格者証に、新たに一級国家資格等にて監理技術者資格を追加する場合に行います。
ページトップへ

1.資格要件の確認

資格要件の確認をします。
ページトップへ

2.申請手続き

申請方法はインターネット申込み、書面申請の2種類からお選びいただけます。

インターネットで申請

  
インターネット申込み画面より、追加申請を選択し、必要事項を入力し、送信します。

※お急ぎの場合にはインターネット申込みが便利です!
 必要書類をインターネット上で提出および交付等手数料を
 クレジットカード決済等でお支払いされると、10日程度で
 の交付が可能です!

書面で申請

申請書に必要事項を記入し、必要書類とともに最寄りの支部・事務所へ郵送または持参して申請します。

※交付までに20日程度要します。



1.申請書の入手


申請書を入手します。申請書の入手方法は支部窓口での受け取り、郵送受け取り、ダウンロードの3種類からお選びいただけます。

(1)支部窓口で受け取る


 最寄りの支部・事務所で申請書を受け取ります。

(2)郵送で受け取る


 インターネットでの申し込みまたは送付依頼書をFAXして申し込み、本部からの郵送で
 申請書を受け取ります。

(3)ダウンロード


 申請書を当ホームページからダウンロードし、印刷します。
  • 申請書類印刷
  • ※交付等手数料を銀行でお支払いされる方のみご利用いただけます。


2.申請書の記入


必要書類を揃え、申請書に記入します。

(1)必要書類の確認


 下表の必要書類を揃えます。
No書類必要な方注意事項

1

資格者証交付申請書 全員 ※1~3枚目を提出
※カラー写真1枚を交付申請書の1枚目に貼付

2

カラー写真1枚  全員 ※縦3.0cm×横2.4cm
 無帽,正面,上三分身,無背景,画像が鮮明なもの
 交付申請の前6ヶ月以内のもの
 写真の裏面に氏名を記入

3

建設業許可通知書のコピー 建設業者に所属している方 -

4

健康保険被保険者証等のコピー 建設業者に所属している方 ※会社名の記述があるもののみ
※会社名の記載がない場合は
作成の手引きP.7をご覧ください。

5

監理技術者資格者証(原本) 申請書一式を支部・事務所へ持参する方 -

6

監理技術者資格者証の表・裏のコピー 全員 -

7

交付等手数料払込受付証明書 全員 ※払込受付証明書(お客さま用)または振込受付証明書(どちらも1番右のもの)のみお入れください。

8

資格者証送付用封筒 全員 ※表面に資格者証の送付先(自宅、会社等)を記入してください。

〈次に該当する方はご注意下さい〉

・1級土木施工管理技士(平成27年度以前の試験合格者)
・1級建築施工管理技士(平成27年度以前の試験合格者)
・技術士【建設、総合技術監理(建設)】(当面の間、合格年度にかかわりない)

のいずれかの資格をお持ちの方が解体工事業を申請する場合、上記書類に加え(1)又は(2)の書類いずれかが必要となります

(1)「解体工事の実務経験証明書」(原本) ※同書類による申請は、支部・事務所への持参のみ(郵送不可)
(2)「登録解体工事講習修了証」(写し)

《住民票について》
当センターでは、資格者証交付業務の本人確認を行うために、「住民基本台帳ネットワーク」(以下「住基ネット」という)を利用していますので住民票の提出は必要ありません。ただし、申請書等の記載事項から「住基ネット」での確認ができなかった場合には、住民票(原本)の提出を依頼する場合があります。
なお、住民登録が日本にない方は資格者証交付申請等が出来ません。あらかじめご了承ください。

(2)資格者証交付申請書を記入


 申請書に必要事項を記入します。


3.申請


申請の届出をします。申請方法は支部・事務所へ持参または郵送をお選びいただけます。

(1)支部・事務所へ持参


 最寄りの支部・事務所へ申請書一式を持参します。

※お急ぎの場合には、支部・事務所へ持参されることをお勧めします!



(2)支部・事務所へ郵送


 最寄りの支部・事務所へ申請書一式を申請書が折らずに入る大きさの封筒で郵送します。
 (申請書一式(書面)を入手された方は、緑色の封筒をご利用ください。)
 郵便局窓口において簡易書留で郵送してください。
ページトップへ

3.監理技術者資格者証の交付後に必要となる手続き

監理技術者資格者証の更新

監理技術者資格者証の有効期限について


 追加申請の場合、新たに資格を追加した監理技術者資格者証の交付日から5年間が
 有効期間となります。
 国土交通大臣認定者の場合には大臣認定書の有効期限までとなります。

 継続が必要な場合は更新申請が必要です。
 監理技術者資格者証の有効期限を過ぎてからの申請は「新規申請」となりますので
 ご注意ください。

更新のご案内について


 更新案内を有効期限の約6ヶ月前に当センターから監理技術者資格者証記載の住所
 宛てに送付します。
 住所の変更があった場合、住所の変更届出を行っていないと更新案内が届かない場
 合がありますのでご注意ください。

監理技術者資格者証に新たに資格を追加する場合

新たに資格を取得した場合、お持ちの資格者証に追加することができます。
追加申請後の有効期限は、追加した資格者証の交付日から5年間となります。

監理技術者資格者証の記載事項に変更があった場合

30日以内に当センターに変更届出をする必要があります。
変更届出の手数料は無料です。(インターネットまたは郵送での届出の場合は送料が別途必要)
ページトップへ